FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
04.16

邦画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』

Category: ☆☆☆


<< あらすじ >>
松岡圭祐の『万能鑑定士Qの事件簿』シリーズを綾瀬はるかと松坂桃李主演で映画化したミステリー・エンタテインメント。沖縄県波照間島出身の凜田莉子は、上京しアルバイトを始めたリサイクルショップで類い希な鑑定の才能を開花させる。独立した現在は、多種多様な鑑定を請け負うとともに、依頼品に隠された事件にも自ら首をつっこんでしまう日々。そんなある日、ルーヴル美術館が所蔵する“モナ・リザ”が40年ぶりに来日することになり、莉子はルーヴルのアジア圏代理人を務める朝比奈から、警備強化のための臨時学芸員候補として推薦される。そこで莉子は、彼女の密着取材を続ける気弱な雑誌記者・小笠原悠斗と共にパリへ飛ぶ。ルーヴルで行われた採用テストに合格した莉子は、もう一人の合格者、流泉寺美沙と共にモナ・リザにまつわるありとあらゆるハードな研修をこなしていく。ところが、次第に体調に異変を来たし、鑑定眼までもが狂い始める莉子だったが…。     (by allcinema)

松岡圭祐の「千里眼シリーズ」は全部読んでいて好きな作家です。
この「万能鑑定士Qの事件簿シリーズ」は読みたかったのよぉ><
先に映画は気が進まなかったのですが、いつ読めるかわからないので観ちゃいました。
初めから、うわーーこれ面白い!と思ったのですが・・・。彼女の卓越した鑑定眼がとてもおもしろかったんです。
それに「モナ・リザ」と天下の「ルーヴル」が絡んだ大きな事件だし、ワクワク度はどんどん上がっていったんです。
くぅ~~~~~残念感が否めない><
ルーヴルの臨時学芸員選びや、贋作との見分け方をマスターしたりとか本当おもしろいんですけどねぇ。
天才的な鑑定眼&頭脳を持っている彼女なのに、あんなところで詐欺に引っ掛かるの?とかツッコミどころが満載すぎでした。
ヒロイン役は綾瀬はるかで合っているように思いました。原作読んでいないけど。
気弱でおちこばれ雑誌編集者だからあれでいいのかぁ~とも思うのですが、松坂桃李があまりにも目立たないです。もっとワトソン役をしてほしかったなぁ。
まーーこれもシリーズ作品だから続くのだとは思いますけどね。
でもラストの美術品の贋作を憎む者同士としての熱い友情はいいなーって思いました。
可も無く不可もなくといったところかなぁ。
正直、TVドラマでもよかったとも思いました。

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】輸入家具・インテリア雑貨のセレクトショップ&オリジナル家具販売【中村谷】
【PR】結婚活動を真剣に考えるあなたへ素敵な出会いを贈ります!PARTY☆PARTY
【PR】大阪鶴橋老舗の名店・豊田商店☆定番キムチが大集合!
【PR】ナチュラルスタイルをお手ごろ価格でコーディネート♪ナチュラルセンス


関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。