--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
06.07

洋画『47RONIN』

Category: ★★★


<< あらすじ >>
ハリウッドが日本の古典復讐譚“忠臣蔵”をモチーフに、日米の豪華キャストの共演で描く異色の3Dアクション・ファンタジー・エンタテインメント大作。将軍・徳川綱吉が治める鎖国時代の日本。かつて赤穂藩藩主・浅野内匠頭に命を救われた混血の異人カイ。浅野の娘ミカと心を通わつつも、浅野への忠義を誓い、領地の片隅で一人静かに暮らしていた。そんな中、赤穂藩の追い落としを目論む隣国の藩主・吉良上野介は、謎の妖術使いミヅキと共に奸計を巡らせ、浅野に刃傷沙汰を起こさせてまんまとお家取り潰しに追い込むことに成功。さらに浅野の忠臣・大石内蔵助はじめ家臣たちは浪人となり、四散してしまう。一年後、大石は出島でオランダ人の奴隷となっていたカイを助け出すと、復讐への助太刀を要請する。こうして大石率いるわずか47人の赤穂浪士は、ついに吉良への仇討ちへと立ち上がるのだったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------------------

採点が難しい!あはは
プラスポイントとマイナスポイントが同じくらいだから、真ん中ってことで★3つにした。
なんで今だに日本と中国の区別がつかないんだろう?(笑)
建物とか、衣装とか。これ、ハリウッド的日本なんだろうけど、『ウルヴァリン:SAMURI』もそうだったけどねぇ。あはは
忠臣蔵をベースにしているけれど、ファンタジー映画だってことを忘れないようにしてほしい。
じゃないと、批判的にしか観れなくなっちゃうしね。
私も実は前半まではそんな目で観ていました。
でも、大好きなキアヌだし・・・。
でもでも、クライマックスはよかったよ!!
侍スピリットを大切にして製作してくれたなぁ~と思いました。
(T_T)ウルウルになりましたもん。
浅野忠信と菊地凜子も妖しくてよかったし(笑)
批判的にみていたわけですが、ラストでぐっとポイントを稼ぎましたねぇ。
『Last Samurai』のときとかも、史実がうんぬんとか言う人もいたけど、これ歴史映画じゃないですから!そこのところをお間違いなく。
でも、きっと日本では評判よくないんだろうなぁ・・・あはは

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】カフスボタン国内最大級の品揃え・鎌倉カフス工房
【PR】アパマンショップでお部屋探し
【PR】全国の名産・特産品・ご当地グルメなら【47CLUB(よんななクラブ)】



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。