--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
06.07

洋画『パーシージャクソンとオリンポスの神々』

Category: ★★★


<< あらすじ >>
ギリシャ神話の世界を現代と融合させた奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。全米ベストセラーの人気シリーズノベルを壮大なスケールで映画化。未だ父親の存在を知らずに母親サリーと暮らしてきた17歳のパーシー・ジャクソンは、学校に溶け込めない落ちこぼれ。そんな彼も何故か水の中にいる時だけは心を落ち着かせることが出来た。だがある日、パーシーは、“ゼウスの稲妻”を返せ!と叫ぶ恐ろしいクリーチャーに襲われ、母がさらわれる信じがたい事態に遭遇する。また、学校のブルナー先生や親友グローバーらがそれぞれ“デミゴッド”というギリシャ神話の神々と人間のハーフであること、そして自分自身も海の支配者ポセイドンを父に持つデミゴッドだという衝撃の事実を知らされるパーシー。さらに彼は、全能の神ゼウスから何者にも勝るパワーを秘めた最強の武器である“稲妻”を盗んだ犯人と見なされてしまっていた。“稲妻”を2週間後の夏至までにゼウスのもとへ戻さなければオリンポスの神々が決裂し、地上は破滅の危機に追い込まれることから、パーシーは一刻も早く真犯人を突き止めて母を救い、“稲妻”をゼウスに返すため、仲間と共に重大な使命を背負う旅へ出るのだが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------------------

私はアクション・サスペンス系とかミステリィ系を中心に観ています。 でも他のジャンルもハマると続けてみる傾向があります。B型なので^^;
ファンタジーが観たいなぁ~となると続けてファンタジー系を観るっていう感じ。
で、しばらくぶりにファンタジー系が観たい病になった時に観ました。
考えてみるとハリポタぶりかな~(笑)
あまり期待して観なかったのです^^;
食わず嫌いならぬ、観ない嫌いはよくないですねぇ。
ギリシャ神話をベースにしたファンタジーだけど楽しかったです。
オリンポスの神々と人間のハーフ(デミゴッド)という設定も面白かったし、主人公の少年がポセイドンが父親だと知り、能力に目覚めていくところも楽しいです。
特殊な学校へ行くわけなんだけど、その学生たちの能力の差がありすぎー(笑)
子供向けノベルが原作だし、子供っぽい映画なのはしょうがない。
でも、これはこれでいいかなぁー。だってファンタジー映画だもん。
ストーリーもサクサク進んで、わたしはよかったと思います。
続きがあるのを知ってるせいもあるけれど、本作品は序章にすぎないんですね。
続きがでたら観たいと思います^^

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】特殊ソフトによる完全データ消去【スマホ売るなら リサイクルネット】
【PR】美味しさにもこだわったメディカルハーブ専門店エンハーブ
【PR】腰の負担軽減を追求した高級座椅子「匠の腰楽座椅子」
【PR】さざれ石・オリーブ焼き菓子・招福菓子通販 【シェ・アンジェロ】



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。