--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
06.04

洋画『シャッターアイランド』

Category: ★★★★★


<< あらすじ >>
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなるミステリー・サスペンス。「ミスティック・リバー」の原作者デニス・ルヘインの手によるトリッキーな謎解きスリラーを映画化。ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。そこに、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があり、厳重な監視の下に運営されていた。ところが1954年9月、レイチェルという女性患者が忽然と姿を消してしまう。事件を調べるため、連邦保安官のテディが新たな相棒チャックと共に島を訪れる。折しも、激しい嵐が近づいており、捜査の行方に不安がよぎる。さっそく2人は、患者たちへの聞き込みを開始するが、テディは事件と無関係な“アンドルー・レディス”という人物についての質問を繰り返す。実はその人物は、アパートに火をつけ最愛の妻ドロレスを殺した放火魔で、テディはレディスがこの病院に収容されていると知り、その行方を探っていたのだ。そして、レディスへの復讐こそが、テディがこの島へやって来た真の目的だったのだが…。
------------------------------------------------------------------------------

実は・・・私はあまりディカプリオが好きじゃないんですねぇ。ははは
だから、あまり彼の映画には触手が動かないのです。
でも、この映画の原作がデニス・ルヘインで、私の好きな作家のだし、好みがほぼ同じな友人からのすすめもあって観てみました。
そしたらそしたら・・・・!!!
もうね、ぶっとんだ! すごいおもしろかったんですよぉ!
特にクライマックスの180度のどんでん返しはお見事すぎ。
ええええええってなること間違いないです。
時代背景も舞台設定も全てが妖しい雰囲気ぷんぷんでいいんです。
それに、なんといっても最後のディカプリオの目配せ。せつなかったなぁ~。
残念なことにまだ原作は読んでいないんですよ。早く読みたいなぁ~。
今まで観たディカプリオの映画の中で、私の中では1番かもしれません。
この映画はじーっくり観て欲しいです^^

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】全国各地のリゾートバイト検索サイト◆はたらくどっとこむ
【PR】だいずデイズ『スーパー発芽大豆』
【PR】アンダーシンク型 電解水素水整水器 トリムイオンUS-100L
【PR】味にてん、心にまる。昆布漬辛子めんたいはかば田



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。