--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
05.18

洋画『ワールド・ウォーZ』

Category: ★★★★★


<<あらすじ>>
 妻と2人の娘と平穏な日々を送っていた元国連捜査官のジェリー。ある日、家族を乗せた車で渋滞にはまった彼は、謎のウイルス感染によって凶暴なゾンビが瞬く間に増殖する現場に遭遇してしまう。そして必死で家族を守り、間一髪で逃げ延びたジェリーのもとに、現場復帰の要請が入る。いまや謎のウイルスの爆発的な感染拡大で、全世界が崩壊しようとしていた。そこで、かつて伝染病の調査や紛争地域での調停に手腕を発揮してきた彼に、調査隊への協力が求められたのだった。愛する家族の安全と引き換えに、調査への同行を決意したジェリーは、米軍とともに、混乱が拡がる世界各地の感染地域へと向かうのだったが…。  (by allcinema)
------------------------------------------------------------------------------

すごい迫力とスピードだった!!
もうね、え?えっ?ええええーーっておばさんはなっちゃったよ(苦笑)
だってね、今までのゾンビものって、動きが結構ゆっくりでしょ?追っかけてくるゾンビの。
それが、この映画ではダダダダーーーーーってすごいスピードで走ってくるんだもん。それも群れで。
だから、映画館で観たときは、圧倒されちゃって、なにがなんだか訳がわからなくなっちゃったという  (後日、動画サイトでもう1回観ちゃったよ。爆笑)
でもすごくおもしろかったですよ!これはオススメ。娯楽映画最高

世界中に「ゾンビが・・・」という意味不明の通信がはいっていたけど、誰も本当にゾンビが現れたなんて思わないよね。唯一、対応策をとったのがイスラエルだけだったという。
現実とわかった時には、もう時すでに遅し!
それで原因をさぐれば対応策がみつかるとなり、最初にみつかったという韓国へ飛ばされた退役軍人のブラッド・ピット。
ブラピが手伝うことになったから、家族は安全な軍艦に乗せてもらえたんだけどねぇ。
韓国のUS基地へいったものの謎は解けず、唯一、対応策をとり、都市の周辺を高い壁で囲ったイスラエル。そこへ行くことになります。
ここでもすごい見所が!確かCMのトレイラーでも放送されたから書いちゃうけど。
壁の中へ入ろうと、つぎつぎとゾンビがよじ登ろうとして、ゾンビの柱ができちゃんだよね
このシーンはうわぁ~~~って私、声だしちゃったもん。あはは
そしてとうとう壁の内側へ入ってしまったゾンビたち。
うぅ・・・人類はあわや滅亡
まーーそこは我らがHEROが推理力と行動力で人類を救うわけなんですけど

速いのは追っかけてくるゾンビだけじゃなく、ストーリー展開も早く、サクサクと観れる映画でした。だからちょっぴり普通よりは長い映画だけど、全然苦にならないし。
当たり前なのかもしれないけれど、途中、ブラピの乗った航空機が墜落し、死亡したと思われるんだけど、そしたら・・・すぐにブラピの家族が安全な軍艦から降ろされるのね。
仮にも人類を救おうと危険なところへ行ったのに・・・。
「働かざる者、食うべからず」みたいな? なんだかなぁ~ムムムって思ったわ。

所かわれば・・・だけど、欧米人にとってゾンビってすごくリアリティがあって怖いものなんだよね。それは今でも埋葬がほとんどだから。
だから日本人と違ってスピリチュアルな幽霊はあまり信じない人が多いの。
科学脳のドイツ人に言わせると、幽霊というのは脳が見せるハリツトネーション(幻覚)だよ、って言うよ。
だから彼らにとってはゾンビやゴーストの方が恐いわけ。
ドイツはグリム童話があるし、森がすぐそばにあるから、「魔女」とかがすごく恐いみたい。
子供のころに悪いことをしたりすると、魔女がさらいにくる、とか言うみたい。
昨今、ゾンビブームというか、ゾンビ映画のリメイクが多いよねぇ~。
いろいろと進歩したせいで、映像がグロすぎるんだけど^^;

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】和牛にこだわった最高級ハンバーグを贈り物に
【PR】アイエス留学ネットワーク:オーストラリア留学を現地から支援
【PR】小豆島のそうめん「庄八」
【PR】自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック!『KENSA.BIZ』の郵送検査キット



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。