FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
05.21

洋画『インフェルノ』 (2016)

Category: ★★★★


<< あらすじ >>
宗教象徴学者ロバート・ラングドンの活躍を描くダン・ブラウンの世界的ベストセラー・シリーズをロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で映画化した大ヒット・ミステリー・アドベンチャーの「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く第3弾。ラングドン教授が目覚めたのは、なぜかフィレンツェにある病院の一室だった。過去2日間の記憶がない彼は、謎の刺客に命を狙われるも、女医シエナの手を借り、どうにか病院から脱出する。何も思い出せない彼のポケットには1本のペンライトが。そして映し出されたのは、ダンテの神曲“地獄篇”を模した『地獄の見取り図』。そこに刻まれた“暗号”を探るうち、ダンテのデスマスクの持ち主で大富豪の生化学者ゾブリストに辿り着くラングドン。彼は人口爆発による人類滅亡を回避する唯一の解決策だとして、恐るべき計画を目論んでいた。シエナとともに次々と立ちはだかる謎を読み解き、ゾブリストの野望を食い止めるべく奔走するラングドンだったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------------------

待ってました! 原作であるダン・ブラウンの小説はめっちゃ面白くて大好きなんです。
このシリーズの主人公であるラングトン教授を、これまた大好きなトム・ハンクスが演じているので、もう観るっきゃないでしょ!
原作のシリーズでは第4作目にあたるんですけどね。
今回のモチーフは「ダンテの神曲の地獄編(インフェルノ)」なんですねぇ。
関係ないけど・・・学生の頃に読んだのですが、その時の感想は宗教に関係なく地獄の様子は似通っているなぁ~でした。
最初から記憶を失っているラングドン教授でして、何者かに命を狙われたり、犯人にされたりと大ピンチ!
一緒に逃げて巻き込まれてしまった女医さんと、記憶をとりもどしながら事件の核心へと迫っていくのですが・・・。
おおお~こうきたか!って思いますよ。
逃げるということでハラハラドキドキの連続ですし、狂気の陰謀をどう阻止するのか見物です。
あと、このシリーズはイタリアが舞台でして、たくさんの観光スポットもでてきます。
イタリア好きな私にはこれもまた、たまらない魅力でもあります。
それにしてもトム・ハンクスも60歳ですもんね~。
劇中でくたびれた教授の時は、すごく年をとったなぁ~なんて感じました。

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】ブランド売るなら、宅配買取ブランディア♪
【PR】今、クチコミで話題の「極上のコーヒー」◆土居珈琲
【PR】自分でできる性病検査!宅配ドクター
【PR】大人気!ちょい傷・【訳あり】の蟹や魚介が特価!北国からの贈り物



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。