--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
06.12

邦画『真田十勇士』

Category: ☆☆☆☆


<< あらすじ >>
堤幸彦演出、中村勘九郎主演の同名舞台劇を、同じ堤幸彦監督、中村勘九郎主演で映画化したエンタテインメント時代劇。関ヶ原の戦いから14年。天下統一を目前にした徳川家康と、秀吉の側室・淀殿が秀頼を立てて復権を狙う豊臣家の対立がいよいよ深まっていた。そんな中、名将と謳われた真田幸村と抜け忍の猿飛佐助が運命的な出会いを果たす。ところがこの幸村、これまでの武功はたまたま勝ちに恵まれてきただけで、その本性はただの腰抜け男だった。すると佐助は“アンタを本物の英雄にしてあげる”と宣言、さっそく同じ抜け忍の霧隠才蔵を筆頭に、一癖も二癖もある男たちを集め、“真田十勇士”を誕生させる。そして巧みな情報操作で、十勇士の武勇伝を巷に流布していく。やがて淀殿からお声が掛かり、意気揚々と大坂城入りする幸村と佐助たちだったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------------------

楽しく観れるエンターテイメント作品です。
思っていた以上に楽しむことができました。あまり期待していなかったのがよかったのかも(笑)
設定がまずおもしろいですね。真田幸村が本当はヘタレという設定。
忍者アクションも合戦場面のスケールの大きさなどなど良かったです。
あと・・・由利鎌之助(加藤和樹)にやられたぁ~~~。めっちゃかっこいい!!キャスティングがイケメンだらけですもんね(笑)

こういうエンタメ作品を観て、史実がどうのとか言うのは野暮というもんです。ただただ単純に楽しみましょう♪
官九郎さんの舞台を観たいなぁ~。


   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)

【PR】美味しいお水のある暮らし★アクアクララの資料請求
【PR】輸入ブランド洋食器専門店 ル・ノーブル
【PR】京都上賀茂名産 すぐき漬け
【PR】エルメス、ルイヴィトンなど買取手数料0円でブランド品買取 「買取本舗 七福神」



関連記事
スポンサーサイト

コメント
この作品はレンタルされたときに借りました。エンターテイメントとして
十分楽しかったし笑えもしましたが歴史好きなのでちょっと違うんじゃない?
あの人出て無くない?
とか些細な不満はありましたがそもそも舞台劇を映画化してますしね
幸村が実はヘタレで十勇士がもり立てていたという設定はナイスでしたよね
ねむりねこdot 2017.06.13 15:53 | 編集
歴史好きさんからすると納得できない部分もあるんでしょうね。
でも、楽しめられたのであればよかったです。
ラストのどんでん返しには見事にやられた~と思いました、私は(笑)
らら子dot 2017.06.16 08:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。