--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
06.13

邦画『星ガ丘ワンダーランド』

Category: ☆☆☆


<< あらすじ >>
売れっ子CMクリエイターの柳沢翔が豪華キャストを起用して映画監督に初挑戦したミステリー・ドラマ。さびれた小さな駅“星ガ丘駅”で駅員として働く温人。20年前、彼の母は、夫と2人の子どもを置いて突然去っていった。その際、母は赤い手袋の片方を“そっちは温人が持ってて、必ず取りに行くから”との言葉と共に残していった。ある日、その母が亡くなったという知らせが届く。警察の話では、この町にある小さな遊園地“星ガ丘ワンダーランド”の観覧車から飛び降りて自殺したというのだった。納得いかず、真相を探り始める温人だったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------------------

とってもゆるやか~で、私はちょっと苦手なタイプの映画でした。
ミステリーってことで観たのが間違いだったかな?
キャスティングも映像美もよかったんだけどなぁ。
なんか1つ物足りなさを感じた。
主人公がぼ~~っとしたキャラクターだったからかな? そのせいかファンタジー要素もあるの?とガッカリ感もでてくるし。
本当にミステリーなの?と半信半疑で、それでも最後まで観てしまいました。
それも単に「なぜ、母親は観覧車から飛び降り自殺をしたのか?」の謎解きを知りたいだめですけど。
結末は・・・どんでん返しというか驚愕の真相を期待していたのでちょっと興ざめ。
でも、個人的にはちょっと考えさせられました。
やっぱり親の離婚で子供が受ける心の傷のこととか。私の子供たちもそうだったのかなーとか。
切なくなる映画でした。


   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)

【PR】手作りタルト・焼菓子の通販サイト かにわしタルト店
【PR】国内最大級の格安航空券サイト「e航空券.com」
【PR】インテリアショップ[unico]
【PR】全国の名産・特産品・ご当地グルメなら【47CLUB(よんななクラブ)】



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。