--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
05.09

ドラマ『オリエント急行殺人事件』

Category: 日本ドラマ


<< あらすじ >>
日本が誇る天才脚本家・三谷幸喜×ミステリーの世界女王・アガサクリスティーの夢のコラボレーション。舞台は、昭和初期の日本。昭和モダンが花開いた時代の超豪華列車。第1夜は、可能な限り、原作を忠実に映像化。そして第2夜は、時間と空間を広げ、犯人の視点から事件を再構築。     (by Amazon)

アガサ・クリスティーといえば! 「オリエント急行殺人事件」ですよねぇ~!!
わたし的には「そして誰もいないくなった」が1番好きなんですけど。
って・・・どうでもいいことですね。あはは
ハリウッド映画もUKでもドラマになっているし、それをわざわざ日本のドラマ?と、全然興味がなかったんです。
でも、フジテレビ開局55周年特別企画2夜連続新春スペシャルドラマだし、脚本が三谷幸喜、演出を河野圭太、ときたら、観ないわけにはいかないでしょう!と、なった訳です。
あと、キャスティングも豪華でおもしろそうな俳優さんばかりだったしね。ってミーハーです!(๑⊙ლ⊙)ブッ
この原作の設定をどう日本で置き換えるのかも興味深々。
第1夜は忠実に原作通りで終わり、一瞬、えっ?ってなりました(笑)
あと、エルキュール・ポアロ(勝呂武尊)役の野村萬斎の話し方が舞台風っていうか大げさ過ぎて、最初はすごい違和感があったなぁ。徐々に慣れましたけどね。
第2夜が本番!といいますか、三谷幸喜が書いた脚本で、この事件の起こる動機や事件が描かれています。
三谷幸喜作品ってクスって笑えるユーモアが織り込められていて、私は三谷作品ファンです。なのでワクワク♪
思っていたよりよかったです! 時代的にも好みな時代なのでドレスや毛皮とか衣装も素敵だったし、一番よかったのは大女優・草笛光子と富司純子が名演技でしたねぇ~。
珍しく西田敏行、佐藤浩市がおとなしかったです(笑)
フーダニットが好きな人は1夜から見るべきですねぇ。
余談ですが、この結末、いつも腑に落ちないんですよ、私。
あまり書くとネタバレだしね(苦笑)
法はやはり遵守されなくてはいけないものだと思うから~。
内容を知ってるだけに、すっごいおもしろい!とは言えませんが、まずまずだったと思います^^

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】手作りタルト・焼菓子の通販サイト かにわしタルト店
【PR】国内最大級の格安航空券サイト「e航空券.com」
【PR】モーリスメセゲの無農薬ハーブティー
【PR】インテリアショップ[unico]



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。