FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
05.09

洋画『NY心霊捜査官』

Category: ★★★★


<< あらすじ >>
霊感を持つ現役のニューヨーク市警巡査部長ラルフ・サーキの手記『エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル』を「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン監督で映画化した異色の実録ホラー・サスペンス。ニューヨーク市警のラルフ・サーキ刑事は、動物園で女が我が子をライオンの檻に投げ捨てる事件や、男が妻に暴力を振るうDV事件に遭遇する。どちらの事件も、加害者は何かに取り憑かれたかのような異常な振る舞いをしていた。捜査を進めるサーキは、誰にも聞こえない音が聞こえ、自分だけに見えてしまう何かがあることに気づく。そんなサーキの前に神父のジョー・メンドーサが現われ、別々と思われた一連の事件の背後に悪霊が関わっていると指摘する。そして、サーキに備わっている特別な能力“霊感”を使って悪霊に立ち向かえと助言する。最初は半信半疑のサーキも、次第に悪霊の存在を実感し、ついに霊感を使った心霊捜査を開始するが…     (by allcinema)

なんとなく幽霊系のホラー映画が観たくなった。
ホラーサスペンスなら言うことなし!ということでこの映画を観ました。
R18ということですごいグロいのかな・・?と懸念はしましたが。
え?これって実話なの?ってまずびっくり(笑)。
R18指定にしてはそんなにグロくなかったなぁ~。もちろん効果音と共に驚かされる場面はあったものの、それでもユルめでした。
観客を怖がらせようをメインにしたホラー映画とは一線を引いていて、私的には好感度大です。
霊感があるけど自分でも戸惑っている警官とちょっと風変わりなエクソシスト神父が悪魔祓いをする映画です。
ホラー的な部分を強調するでもなく、そういう特別な能力をもってしまった葛藤や、心の闇からの脱出の話なども描かれていて益々好感度アップ。
ラストの警察の取り調べ室で行われる悪魔祓いの儀式は圧巻でした。
なんか力が入りましたよん。
すごい感動したとかそういう映画ではありませんでしたが、引き込まれましたねぇ。
あまりハリウッドハリウッドしていないところもいいのかも。
エクソシストや悪魔はいるのか?という問題はまた別もの。私自身、半々だし(笑)。
終わった後にテロップででましたが、主人公の警官・サーキは警察を退職し、神父と共にNYで活躍されているんだそうです。
1つでも難事件を解決できるのであればいいことですよねぇ。

   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)


【PR】鼻炎・花粉症・イビキの悩みに『えぞ式すーすー茶』
【PR】米どころの本場新潟よりお届け!【新潟菓子工房 菜菓亭】
【PR】無添加国産キャットフード - visions(ヴィジョンズ)-
【PR】もっちもちで美味しい!寝かせ玄米



関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。